竹丸の翡翠日記

湘南妄想族(笑) 竹丸組 初代組長の妄想日記 物欲と妄想の日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんなんでいいのか?

問題提起

以下の文章は、Mixi内での自分の日記にアップしたものです。
カワセミ好きな皆さんに広く意見を伺いたいと思いますので
転載します。興味が無い方は、そのままスルーしちゃってください

今日、帰りに書店に寄った
箸袋で作るトンボの折図が載ったBePalを買うためだった、BePal見つけて、ちょっと写真雑誌コーナーに行って、数誌をパラパラ見ていたらカワセミの写真が!
思わず、中もよく見ずに購入
帰りの電車の中で読んで愕然

今時、ストロボ多灯で野鳥に刺激を与える撮影方法を、さも、普通の撮影方法のように
そのまま載せる雑誌があるとは!

雑誌名は「CAPA 7月号」P98 カワセミ 
「川に飛び込み、捕食し、浮上して飛び立つ。命がけのシーンを狙う」
写真・解説 前○彰一
なんとWebの立ち読みコーナーにも公開している
http://capacamera.net/capa/sample0807/098_099.html

435079248_130.jpg



ヤラセの止まり木を立て、ブラインドに入り、水槽を池に入れ、その中にカメラと多灯のストロボをセット、ヤラセの枝にもストロボを、セットして、コードを使って撮影ということ 、2.5mの至近距離からストロボ照射をするそうです。
これって、単なるストロボやらせ写真、そのものですよね
カワセミの命がけのシーンをストレス与える撮りかたしていいのでしょうか??

カワセミが機材に水をかけるから困るって最後に書いてあった
だから、なんだっていうんだろう? 

野鳥の視神経は非常に繊細だという事です。瞬膜が降りていない状態で、2.5mの近距離から
大型ストロボを発光させたらどうなる?
ストロボ目の前で炊かれた野鳥が方向を見失って三脚に激突したという話も、Webに上がっている

野鳥の目の前で炊かれるストロボ、自分の目の前で炊かれたら、どうなる!?
発光の次の瞬間、目が見えなくなるよね、それを連続して炊くそうです
今回の記事には1秒間6回ストロボを炊くって、偉そうに書いてあったけど 、言語道断だと思うのです
ちなみに、僕は今まで一回もストロボ使って無くても写真撮れてます

また、ストロボを炊かれたカワセミは、びっくりして捕らえた魚を落とすことも多いと聞きます。

僕が、この世界に入ったときに、絶対にやってはいけないといわれた
一つがストロボだった。

ここにもストロボを炊かれたアオバズクの被害について書かれている
http://www1.seaple.icc.ne.jp/east/aoba.html

ストレスを与えず、彼らの生きている様を撮らせて頂くと言うのが、正しいやり方だと俺は信じているのだが、これは、あんまりに常識を逸脱していると思うのです

CAPAは、創刊号から結構購入している、好きな雑誌だったが、これほど編集者の程度が低いとは思わなかった。

皆さんは、どうおもいますか?

これを見た人が、雑誌書かれているんだから正しいと思って真似する事もあると思います、ストロボ使って良いじゃないか、 だって、プロ使ってるんだから、アマチュアが使って当然いいでしょうと・・・・!!!

銀塩主流の頃で低ISOのリバーサルフィルムを使うしかなかった昔ならいざ知らず、今時、この様な
撮影を堂々と行い更に紙上で公開している、プロカメラマン本人も問題だが
野鳥に対しての影響も、全く考えずに紙面に載せる編集部も大問題だと思う。

世の中には、ストロボを使ってでも自分だけ綺麗に取れればいいと考える人が居るのでしょうが
僕は、反対です!

*編集部への問い合わせメールにて、今回の問題点を書きましたが、まったくの無しのつぶて
 悲しいことです。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/27(金) 17:30:49|
  2. カワセミ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<久しぶりのカワセミさん | ホーム | アカショウビン写真3枚>>

コメント

今晩は。

自然保護、保全なんてフォトアート?に比べたら極々些細な事なんですよ、この国のプロの鳥獣写真家?の一部、雑誌社、新聞社等々の関係者の方々には・・・
鳥獣保護法なんて有って、無いのも同然が事実なのですね。
過って、「残したい日本の自然」とかいったような朝日新聞社主催の企画にこのような方法で撮ったかわせみカットが最優秀賞をとりましたね。それについて私がその趣旨に反している、撮影方法には大いに疑義があると意見を呈しました。そしたら、審査にあたった写真界の重鎮からこのような方法でも可なるものと肯定的な御意見をもって反論されました。
この国の行く末は如何なちゃうんだろうナァ~?
俺は先に逝く身だからどっちでも良いけどな・・・

竹丸さんのアカショウビン、\(◎o◎)/!×百万ボルト!!

イケネェ~ フォト、ネットライフキュウシチュウダッタ (-_-;)




  1. 2008/06/27(金) 20:49:15 |
  2. URL |
  3. 杉山 良二 #YPUJj3FY
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/06/27(金) 22:19:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

竹丸さんの意見に大賛成です。結果がすべてで対象のことを何にも考えない商業主義そのものだと思います。実に悲しくなりますねえ。(-_-;)
  1. 2008/06/28(土) 21:40:14 |
  2. URL |
  3. seagull #yH4erWZ2
  4. [ 編集]

>杉山さん
コメント有難うございます。
本当に嬉しかったです。
杉山さんも同じお考えだと思って、とても安心しました。
これからも、何卒よろしくお願いいたします


>seagullさん
コメント有難うございます。
やはり、我々は、自然を撮らせて頂いているという気持ちを持ち続けることが必要ですよね
皆さんのコメントを頂、更に決心が強まりました

ありがとうございます。l
  1. 2008/06/28(土) 22:08:52 |
  2. URL |
  3. 竹丸 #-
  4. [ 編集]

私もその様な撮り方はしたくないですね、しかしその様な写真を載せてしまう雑誌も問題ですね?・・・
私はこの雑誌が好きで観ていたのにね?・・・・
今後は買わないな?・・・・
それにメールに返事をよこさないのも不誠実ですね?・・・・
  1. 2008/06/29(日) 03:15:10 |
  2. URL |
  3. まつもと #-
  4. [ 編集]

本当に何を考えて記事を選んでるんだか?
どういう影響があるのかを、しっかり考えて編集してほしいですね。
  1. 2008/06/29(日) 22:08:43 |
  2. URL |
  3. 大矢 #FIEIpnN2
  4. [ 編集]

>まつもとさん
コメント有難うございます
ここまでして撮りたくないというのが本心ですし、プロならもう少し考えて撮影して欲しいと思うのです
いまだ、編集部は無しのつぶてです 悲しいですね

>大矢さん
本当にそう思いますよね!
絶対に真似する人が出ると思う
だって、撮影術の解説の章なんですから
その所に書かれている最初が、ヤラセの枝は、テントから何メートルとかですからあきれて物が言えないです
  1. 2008/06/30(月) 16:15:18 |
  2. URL |
  3. 竹丸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hisuinomori.blog81.fc2.com/tb.php/94-4aec1e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹丸@翡翠

Author:竹丸@翡翠
7年ほど前にデジスコを始めて、カワセミにはまりました
写真公開は、基本的にMixiで活動しています
id=667475
こっちは、頻繁に更新しています。
その他、アニメ、アニソン大好きです。ライブに歳を考えずに出撃
いつも、その後腰痛で寝込んでます(w
その他、コンプレックス折り紙や、イヤホンのケーブル作成、色々凝り性です。
アウトドアも、インドアも大好きです。
あと、料理は、イタメシならコース作れます
これからもよろしくお願いします!

ここのBLOGに掲載されている写真は、著作権放棄をしていませんので無断使用はお控えください。

連絡先:takemaru0アットマークgmail.com
アットマークを@に変えてください

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KOTOKO 2010 武道館

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。